TOP> 季節の変わり目と抜け毛

季節の変わり目と抜け毛の関係

季節の変わり目は抜け毛が増える時期でもあります。通常、一時的な症状として治まりますが、加齢などが重なると抜け毛が止まらず、薄毛になってしまうともあるのです。スカスカの髪のならないためにも季節の変わり目には抜け毛の量に注意を払いましょう。

抜け毛は時期によって量が変わる

季節の変わり目は気温や湿度が急激に変化するため体調を崩しやすくなります。同様に抜け毛が増える時期とも言われおり、通常、健康な人でも1日に約50~100本程度の抜け毛が起こるとされています。

ところが、季節の変わり目になると、人によっては1.5倍ほど抜け毛が増えるケースがあるのです。この現象は特に秋口に起こりやすく、また冬に突入しても抜け毛が治まらない事もあります。

この結果、薄毛が進行してしまい、気付けば髪がスカスカになってしまうこともあるのです。季節の変わり目に抜け毛が多くなったら注意が必要になるのです。

秋口に抜け毛が増える原因とは

季節の変わり目に抜け毛が増えてしまう原因には諸説ありますが、気温などの変化に体が追いつけず生活習慣が乱れることが最も大きな要因でしょう。寝不足や食欲不振、偏った食事、運動不足、病気などのことです。

また、犬や猫と同様に、冬毛が生えるために毛母細胞の入れ替えが行われためだという説もあります。この場合の抜け毛は、一時必要な現象だといえるでしょう。

その他にも、強い紫外線の影響、環境の変化によるストレス、ヘアサイクルの急激な乱れなどが抜け毛を増やす原因だとされています。原因が何にせよ、抜け毛の進行は薄げにつながりますので、対策が必要になるでしょう。

時期や年齢によっては注意が必要

季節の変わり目に抜け毛が増えることは生理現象とも言えるものため、それほど心配する必要はないのですが、抜け毛が増える時期、その人の年齢によっては注意が必要になります。

先述の通り秋口に起こる抜け毛は一時的なのが一般的です。しかし、他の季節の抜け毛は外的要因が関係しているため、抜け毛が進行する恐れがあります。また、高年齢になるほど発毛量は減るため、抜け毛を放置すると薄毛へ発展する事もあるのです。

見た目が全てではありませんが、無いよりあった方がいいのが髪です。薄毛にならないためにも、生活習慣の改善、女性向け育毛剤の利用など頭皮環境を考えた対策を講じましょう。