TOP> 妊娠中の育毛剤

妊娠中の育毛剤の使用は大丈夫?

妊娠中はホルモンバランスが崩れるため薄毛を起こしやすい傾向にあります。
妊婦の薄毛改善にも育毛剤は効果を発揮しますが、配合成分によっては胎児に影響が及ぶため注意が必要です。自己判断はせず担当医に相談してから使用を開始しましょう。

薄毛は男性特有の症状ではない

一般に薄毛は中高年以降の男性の特徴的な症状といえるでしょうが、実は近年、若い女性にも急増している症状なのです。
主な原因は生活習慣や妊娠よる女性ホルモンの減少、ホルモンバランスの乱れです。

生活習慣を見直すことで症状が改善することもありますが、症状が治まらないために育毛剤を用いている人も増えています。
主成分などを見ても女性が育毛剤を使うことになんら問題はないようですが、妊娠中や授乳期の方が育毛剤を使用する場合には注意が必要になるでしょう。何故なら配合されている成分が、胎児に悪影響を及ぼす危険があるためです。

育毛剤が胎児に及ぼす影響

中には頭皮に使用するのだから妊娠中も問題ないと思われる方もいるかもしれませんが、育毛剤の成分は頭皮の血管から全身に流れていきます。
つまり、最終的には臍帯を伝い胎児にも育毛剤が流れる可能性があるのです。

また、授乳によっても同じことが起こり得ます。抵抗力の弱い子供が育毛剤の成分を吸収したらどうなるでしょう。決していい影響を及ぼすとは考えにくいはずです。薄毛は性別を問わず悩みの種になる症状ですが、命を奪う症状ではありません。
見た目を気にするばかりに大切な子供に悪影響を及ぼすことがないよう注意しましょう。

妊娠中の薄毛は一時的な症状

妊娠や授乳期の薄毛はホルモンのバランスが一時的に崩れている、栄養が胎児を吸収することで栄養不足を起していることが原因です。
つまり体が落ち着きホルモンバランスが改善すれば薄毛も治まるのです。

誰しも見た目は気になるものですが、一時的な症状であることを理解し辛抱することも大切です。
ただし、どうしても気になってしまう、薄毛が原因で精神的に不安定になるなど特殊なケースでは、自然由来の成分を用いた育毛剤を使う方法もあります。
この際も、素人判断はせず、必ず担当医に相談し使用に問題がないか確認するようにしましょう。