TOP> 紫外線と薄毛の関係

紫外線と薄毛の関係

紫外線が肌に悪影響なのはご存知だと思いますが、同様に頭皮や髪にも良くありません。

どんな影響を受けるの?

紫外線のダメージで、薄毛、抜け毛、枝毛、白髪などの原因になります。
ダメージにより、髪の毛だけではなく、頭皮にも悪影響は起こり、軽い火傷のような状態になる事もあります。
髪の生え際や、分け目などが起こりやすい部分が特に注意です。
長時間紫外線を浴びると頭皮上の皮脂も酸化させ、酸化した皮脂が毛穴の角質を固することにより、毛穴づまりを起こしてしまいます。

そもそも紫外線とは

紫外線は2種類で、A紫外線とB紫外線があります。
A紫外線はB紫外線より波長が長い為、皮膚の真皮まで達ししわの原因になります。
エネルギーは弱いですが、髪の、キューティクルを通り抜け内部のたんぱく質を流出しやすくさせ、髪のぱさつきになる原因を起こします。

B紫外線は、屋外で赤く日焼けしてしまう状態です。
エネルギーが強く肌が赤くなったり、頭皮にダイレクトにダメージを与えたりします。
これらを、光老化と言い、ダメージヘアーも紫外線による光老化です。
紫外線のダメージを強く受けると、体内の活性酸素が増えて、細胞の働きが悪くまってしまうこともあります。

紫外線を浴びたらケアをすること

ヘアサロンの人がよく言いますが、紫外線は顔にあたる3倍の量が頭皮に当るのです。
頭皮は皮膚と同じで硬くなり茶色に日焼けをして皮膚がめくれボロボロになり、かゆくなって肌を傷つけてしまいます。

特に気をつける人は以下のような人です。
1.室内でも紫外線を浴びる人
2.仕事で外回りをする人
3.外で仕事をする人
4.アウトドアやスポーツをするなど

紫外線を浴びて日焼けすれば頭皮も日焼けしています。
顔や肌には気を使いますが頭皮を重要と捉えていない方がほとんどではないでしょうか?
考え方はスキンケアと同じで「食べた物、体調」で肌ノリが違うように頭皮も毎日違います。

頭皮は顔の肌と繋がってる同じ皮膚と考えてください。
顔はすごく丁寧にケアするのに頭皮のケアは丁寧にする人が少ないです。
頭皮は顔よりも汚れや脂も多くて毛穴に不純物が溜まりやすいので、毎日の洗髪と皮膚の保湿を保つことにより、薄げや抜け毛に悩まなくて済む生活が送れるのです。