TOP> 髪の毛に良くない食べ物や行動

髪の毛に良くない食べ物や行動

"髪の毛の成長は夜にかけて活発に行われるため、睡眠を十分にとり、発毛しやすい時間を与えてあげることが大切です。発毛、育毛を促進するためには、バランスの良い食事と規則正しい生活が必要です。 "

髪の毛に良くない食べ物は?

育毛には食べ元と大きなかかわりがありますので、育毛する際には食べ物のことにもしっかりと気を使いましょう。
髪の毛によくない食べ物としては、基本的に栄養が偏っている食べ物や刺激の強いもの、脂っこいものが髪に悪影響を与える可能性があります。
例えば炭酸飲料や揚げ物、ファーストフードの食品やインスタントラーメンなどがあります。
毎日の健康維持にも良くない食べ物ですから、出来る限り控えるようにしましょう。

髪の毛に良くない行動

日常生活で髪の毛によくない行動というのがあります。
一番悪影響を及ぼすのが喫煙です。喫煙は抜け毛だけではなく白髪になる可能性もあり、いろんな髪トラブルを引き起こしやすい原因です。
なぜたばこが髪に悪影響を及ぼすかは、タバコに含まれている「ニコチン」が関係しています。
ニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、頭皮の血流が悪くなり髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、髪の毛がどんどん弱ってしまいます。そのまま放置していると抜け毛が目立ってきたり、白髪が増えてきたということにつながりかねません。
さらにビタミンCなどの抗酸化物質の不足も招くことがさらなる悪影響を引き起こしてしまいます。

睡眠不足は髪に大敵

生活習慣に関しては、睡眠をしっかりとることとストレスを溜めないことが髪の毛には大切です。
もし十分な睡眠が取れず、不規則な睡眠を繰り返していると、髪の毛の成長や頭皮の環境を正常化するために大事なホルモンが正常に分泌されません。具体的には成長ホルモン、泌乳刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなどがあります。
そして髪の毛の成長は夜にかけて活発に行われるのに、十分な睡眠が取れないと成長も阻害されてしまいます。
睡眠不足はストレスの蓄積にもつながり、その影響によって自律神経が緊張し、血行が悪くなり頭皮に必要な栄養分が行き渡らなくなるため、発毛や育毛を妨げてしまいます。 このように髪の毛には睡眠はとっても重要なので、十分な睡眠をとるように心がけましょう。