TOP> 育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーの使い方

市販のシャンプーはもちろんですが、いくら育毛シャンプーでも、間違った使い方をしては頭皮を傷めてしまいます。
頭皮は、髪の毛が生えてくる大切な場所です。その頭皮が荒れてしまっていたら、髪の毛は成長しませんし、どんどん抜け落ちてしまいます。
また、育毛の効果も十分に得る事が出来ないので、ちゃんと正しい使い方を知っておくことは、育毛にとても大切です。

頭皮は洗いすぎない

意外かもしれませんが、育毛シャンプーの使い方で大事なのは、頭皮を洗いすぎないようにするということ。頭皮はしっかり洗って、汚れを落とさなくては、毛穴の詰まりが取れないというイメージがありますよね。

育毛シャンプーは、洗浄成分が天然由来のものが多いため、どうしても泡立ちが良くないものが多くなっています。泡立ちが悪いと、洗えている気がしないので、汚れなどがきちんと落ちていないと思ってしまいます。

そのため、ついつい洗いすぎてしまうんですね。だけど、泡立ちが悪いからと言って洗えていないわけではありません。ですから、ゴシゴシ洗ったり、長時間洗うのはやめましょう。

頭皮の洗い方

まずは、ブラッシングをして頭皮の汚れをしっかり落とし、髪の毛の絡まりなどもといておきます。
そして、お湯で充分に髪の毛を濡らしてすすいだら、育毛シャンプーを手のひらに伸ばし、頭皮につけていきます。

その後、指の腹を使って、頭皮をマッサージするように洗います。
最後は、お湯で、頭皮に洗浄成分が残らないようにしっかりとすすいでください。これが、育毛シャンプーの正しい使い方です。