TOP> 酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロール

強い抗炎症作用酢酸を持つトコフェロールには毛髪が成長しやすい頭皮環境に変える効果が期待できます。

高い抗炎症・抗炎症作用を持つ成分

酢酸トコフェロールとは水に溶けやすく加工された化合物、ビタミンE誘導体のことで、ビタミンEリン酸ナトリウム、酢酸DL-αトコフェロール、酢酸トコフェロール、トコフェリルリン酸ナトリウムなどと同類の成分になります。
血管の改善や脂質の代謝の向上、抗炎症作用、肌の老化を起こす活性酸素の除去などの効果があります。育毛に関しては毛髪が成長しやすい環境を整える効果が期待できます。
効能の高さから育毛剤だけでなく、キンローション、ハンドクリーム、薬用化粧品にも配合されている成分なのです。

ビタミンE誘導体とは

ビタミンE誘導体はスキンケア商品の成分表示に必ずといっていいほど記載されていますが、ビタミンE誘導体とはどのようなものかご存知でしょうか。
ビタミンEには酸化を防ぐ作用があり、アンチエイジングには欠かせない成分でした。しかし、水に溶けにくく不安定になるなど配合には向かない性質がありました。そこで、水に溶けやすい性質にするため、分子内の一部を変化させ生成されたのがビタミンE誘導体なのです。

めまいや吐き気の副作用が現れることも

酢酸トコフェロールには高い抗酸化作用、抗炎症作用があり使用を続けることで頭皮を清潔に保つ効果が期待できまが、過剰摂取により思わぬ副作用が現れる可能性があります。
主な症状としては胃の不快感、下痢、便秘、吐き気、目のかすみ、頭痛、めまいなどが起こるとされています。ただし、どの製品にして副作用を起こす程の量は含まれていないため、よほどの事がない限り副作用が現れることはないでしょう。