TOP> ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミド

毛細血管の拡張や毛母細胞の活性化作用を持つニコチン酸アミドは、育毛剤の主成分として広く用いられている成分です。

毛母細胞の活性化が期待できる成分

ニコチン酸アミドはビタミンB群の一種で、ナイアシンアミド、ビタミンB3とも呼ばれています。
名称からタバコのニコチンを思い浮かべるかもしれませんが、まったく別の物質で、体に害はありません。

ニコチン酸アミドはたんぱく質の摂取不足が続くことで減少してしまう特徴があります。食事からも補給する事ができ、主に赤身の肉、レバー、ピーナツ、ビール酵母などに多く含まれています。
作用としては毛細血管の拡張や、血行改善、毛母細胞を活性化などがあり、現在では育毛剤の主成分として広く用いられています。

ニコチン酸アミドが不足するとどうなる

毛髪の健康を維持するには多くのビタミン・ミネラルが必要になりますが、今どのビタミン・ミネラルが不足しているのかを知るのは難しいことでしょう。
しかし、ニコチン酸アミドは不足時に特定の症状を起こします。それが口内炎と口角炎です。
もし口内炎が生じたのなら、ニコチン酸アミドが不足し髪質が悪化している可能性があります。脱毛症に進行させないためにも、早急に食生活の改善を行うようにしましょう。

適量を摂取することが大切

ニコチン酸アミドの効能には毛母細胞の活性化、毛細血管の拡張、糖質・脂質・タンパク質の代謝向上、解毒作用など今ある髪を健康に保つために不可欠なものが多く含まれています。
しかし、過剰摂取することでインスリンの働きを妨げ、血糖値を上げることになり、頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。適量を摂取するためにも成人男性は1日15mg、成人女性は1日12mg程度に抑えるようにしましょう。