TOP> ジフェンヒドラミンHCl

ジフェンヒドラミンHCl

ジフェンヒドラミンHClは血行促進作用や抗炎症効果を持つ成分で、頭皮のかゆみや炎症を抑える効果が期待できます。

頭皮の炎症を抑え血行を促進する成分

ジフェンヒドラミンHClは血行促進や抗炎症効果などの効能がある成分で、主にアレルギー疾患の治療などに用いられています。また、湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、かゆみを抑える効果があることから育毛剤にも広く使われております。
更に、高い抗ヒスタミン効能を持っているため、花粉症の治療やや風邪薬にも用いられています。その他、意外なところではシャンプーやリンスなどにも含まれている成分です。

ジフェンヒドラミンの作用と特徴

ジフェンヒドラミンはヒスタミンH1受容体拮抗薬の一種として認知されている成分です。
ヒスタミンはアレルギーを起こす体内物質の一種で、受容体拮抗薬とは体内物質が作った受容体をブロックする作用を持つ薬剤を意味します。この作用によりアレルギー症状を改善していきます。
また様々な製品に使われている成分で、育毛剤だけでなく、睡眠薬、麻酔ジェル、痔薬などにも用いられいます。特徴として強い速効性があるため、早い段階で症状の改善が図ることができます。

睡眠薬の成分にも用いられいる

ジフェンヒドラミンHClには副作用として眠気が起こることがありますが、この副作用を逆に利用した睡眠薬の開発が進められ、現在では手軽に入手できる睡眠薬として人気を博しています。
ただし、処方される睡眠薬のような強い作用を持っていないため、一時的な不眠症状を改善する睡眠導入としての目的で使われています。つまり、軽症の不眠には効果を発揮しますが、医師により不眠症と診断された人にはあまり効果が期待できない成分なのです。