TOP> ヘアケアの方法

ヘアケアの方法

ヘアケアの方法が間違っていると頭皮にダメージを与え、薄毛を進行させる要因になりかねません。
ここでは薄毛対策のための正しいヘアケアをご紹介します。

カラーやパーマは避ける

パーマやカラーでオシャレをしたいというのはあると思いますが、薄毛対策ではなるべく避けたいもの。パーマ液は髪の毛にダメージを与えるだけではなく、頭皮にも大きなダメージを与えてしまいます。それはヘアカラーも同様です。

ゼロにするのが難しい場合は出来る限り回数を減らすようにしましょう。
あと整髪剤も実はあまり頭皮への影響は良くありません。特に頭皮へ刺激を与えるような整髪剤やハードタイプのものは影響も大きいので出来れば避けたいです。

シャンプーの仕方

シャンプーは毛穴に詰まった皮脂を取り除いたり、雑菌の繁殖やフケを防ぐためにも大切です。とはいっても洗いすぎも必要な皮脂を落とし過ぎて、逆に乾燥によるフケが出る原因にもなりますので注意が必要です。

シャンプーは自分にあったものを選ぶことが薄毛対策にはとっても大切です。また、髪の毛の増殖が活発になる夜ですから、その時に頭皮を清潔に保つため、シャンプーをする時間は夜行うようにしましょう。

髪の毛の乾かし方

ドライヤーは毛根にダメージを与えやすいため出来れば使いたくないもの。でもドライアーなしで乾かすのも大変ですから、使わないのは現実的ではありませんね。

使う場合はなるべく頭皮に熱が通らないように、髪から離してまんべんなく乾かすようにしましょう。ブラッシングでは毛先からおこない、次に真ん中、そして根元あたりをといていくという方法が頭皮を傷つけません。